遠藤 友哉

代表取締役

マネージングパートナー

米国留学後、カリフォルニアにて日本の食品メーカーの米国進出責任者に就任。
シリコンバレーにて食品マーケティング会社を立ち上げた後、アクセンチュアに移籍しアジアパシフィック ディレクター。
2004年ベンチャー投資と経営コンサルティングを行う会社を創業し、多様な業態の会社への出資を通じ経営支援を行うほか、大手製造、流通、サービス、IT等の企業で顧問、社外取締役に就任すると共に戦略業務を請け負い、経営企画、CFO、海外事業開発、資金調達やMAなどに従事。また、産業革新機構出資先ベンチャーにおけるCEOの経験も有する。

  • 経済産業省中小企業基盤整備機構メンター
  • Opus Consulting(株) 代表取締役
  • 成蹊大学経済学部卒 / 米国ロチェスター経営大学院修士課程修了



後藤 正宣

取締役

パートナー(情報システム分野)

大学在学中にITベンチャーの創業に参画、会計、観光、医療、商品管理、生産管理等のWebアプリケーションシステムを中心とした業務システム及びゲーム、美容、アパレル等のWebサービスの立ち上げプロジェクトを多数経験。
同時に社会貢献活動の一環として(公財)日本生産性本部主催の日本経営品質賞の審査員を務め、地方中小企業から世界規模のグローバル企業まで多分野での事業経営への助言を行う。
北海道出身。1978年6月13日生まれ。

  • 会津大学コンピュータ理工学部卒業
  • 株式会社GKK 代表
  • スパイダーモバイルエンターテインメント株式会社 代表
  • おみやげカンパニー株式会社 代表



乾 喜一郎

取締役

GCDF-Japanキャリアカウンセラー

白百合女子大学非常勤講師

東京大学教養学部卒業後、1992年株式会社リクルート入社。以来一貫して、企業と個人のコミュニケーションを担う媒体の企画・制作・プロダクトマネジメントに携わる。
九州・名古屋・大阪での地域メディアの運営を経て、2006年『ケイコとマナブムックシリーズ』編集長に就任。
『好きを仕事にする本』『稼げる資格』『社会人&学生のための大学・大学院選び』等の市販誌のほか、ターゲットを特化した無代誌、WEBサイトなど多岐にわたる媒体を担当。クライアント・カスタマー双方にわたる豊富な現場情報をベースに、バリューチェーン全体を通したスピーディなプロダクト改善を続けている。
合わせて2014年より社会人の学習に関する専門家として、文部科学省を中心に生涯学習や専門教育に関わる有識者委員を務めている。




杉原 佳尭

取締役

Netflix執行役員

在日米国商工会議所 副会頭、デジタル・エコノミー委員会 共同委員長、政府渉外委員会 副委員長、天理大学 客員教授、一般社団法人コンピュータソフトウエア協会 理事、一般社団法人 インターネットコンテンツセーフティ協会 副代表理事、一般社団法人 地域発電推進機構 代表理事、特定非営利活動法人 地域情報化推進機構 代表理事

大学院卒業後、自民党本部職員として勤務。1997年よりバーチャル政党「ザ・フェデラリスト」を設立。長野県知事候補の田中康夫氏の選挙統括責任者、知事当選後特別秘書として勤務。デジタルフォレストのスタートアップを役員として加わり、インテル株式会社にて、無線ブロードバンドの周波数獲得の責任者として活動。また、在日米国商工会議所インターネットエコノミー委員長として、日米経済関係でも活動し、日米インターネット経済協議の責任者として尽力する。

  • 同志社大学法学部政治学科卒業
  • ペンシルバニア大学大学院 行政管理学科修士課程入学(91年 同課程修了)
  • ロンドン政治経済学院(LSE)ヨーロッパ研究所に入り、翌年、移行経済学で修士取得



相澤 利彦

株式会社ATOM 取締役

TSUNAGU・パートナーズ株式会社 代表取締役

アクセンチュア戦略コンサルティンググループにて、小売流通業統括エグゼクティブパートナー、消費財統括、グローバル戦略グループ統括を歴任。産業再生機構出資下のダイエーにて企業再生に従事(業務改革担当取締役 兼CIOを経てam/pmジャパン(現ファミリーマート)代表取締役社長として企業再生と会社売却を実現。

現在は、経営コンサルティングと顧問業を中心としたTSUNAGU・パートナーズ株式会社代表取締役。スパークスグループ取締役、ローソン エグゼクティブアドバイザー、早稲田大学理工学部大学院にてMOT講座の講師等を歴任。
現在、日本マイクロソフトエグゼクティブアドバイザー、グロービス経営大学院教授、株式会社ビービット顧問、Uncover Truth 戦略顧問、PROfusion マネージングディレクター。

  • 慶應義塾大学経済学部卒
  • ロンドンビジネススクール(ロンドン大学経営学大学院)MBA



内田 敦子

株式会社ATOM 取締役

大手電機メーカーにて半導体のマーケティングと海外営業に従事。その後、ベンチャー企業(電機メーカー)の米国法人立ち上げを担当。会社設立、人事採用、セールス、マーケティング、販路開拓等を経験。帰国後は経営企画や海外メーカーとの戦略的アライアンスの実行に携わった。
2013年からは経済産業省の受託事業でアブダビ首長国への医療協力事業の企画立案、実行を行い、両国政府間の調整や新規事業立ち上げの責任者として活動している。

子供時代の9年間含め英語圏での生活が11年以上、英語はネイティブ。

  • 早稲田大学法学部卒



足立 格

顧問弁護士

パートナー

森濱田松本法律事務所、村田若槻法律事務所
一般企業法務(M&Aを含む)、金融規制(金融庁対応含む、保険業法、銀行法、金融商品取引法、資金決済法、賃金業法など)、各種ファイナンス、各種決済(電子商取引・各種カードビジネスを含む。割賦販売法、資金決済法、賃金業法など)、Fintecビジネス、不祥事対応・コンプライアンス(神次郎有無を含む)、独占禁止法・下請法対応、消費者対応(章社長対応含む。消費者契約法、景表法、特定商取引法など)、訴訟(金融関連訴訟、会社訴訟、税務訴訟、証券訴訟、PL訴訟などの専門訴訟など)・紛争解決、債券回収、事業承継、税務(課税と津京おとの交渉含む会計)、ベンチャー支援

  • 東京大学法学部
  • 中央大学法科大学院兼任講師
  • 早稲田大学法科大学院寄付講座講師



中島 広数

パートナー

味の素(中国)社広州支店駐在員、販売部長、海外・国内事業部門のマーケター、カテゴリーマネージャー歴任
※「VONO」、「Cock Do」、「きょうの大皿」等
味の素アセアン地域統括社マネージャー、開発途上国の新規事業、新商品開発担当
※カンボジア、フィリピン、インド、ミャンマー、タイ等
味の素(株)退社
freebee株式会社代表取締役就任

味の素株式会社での20年に及ぶ事業運営経験、海外駐在経験に加えて、社外活動で培った幅広いネットワークをベースにコンサルティング、自社でのビジネス創造に取り組む。

グローバル×事業開発×ブランドマネジメントが強み。
生来のポジティブ思考と行動力をベースに、語学力(英語・北京語・広東語)と異文化理解力を駆使し、グローバルに活動

  • 東京外国語大学中国語学科卒



高山 直樹

パートナー

東京大学工学部卒
ゴールドマンサックス証券株式会社入社
債券部門 金融商品開発本部
金利、為替、クレジットデリバティブ商品開発に従事

メリルリンチ日本証券株式会社 投資部門にて、製造業、航空業、消費財関連企業等の大型・クロスボーダー案件でファイナンス、資本提携を含むM&Aアドバイザリー業務に従事

メリルリンチ退社後、上場会社の役員を2度経験
現在に至る。




Carlos Chou

パートナー

CLZ Health Founder and CEO

法人向けクラウドプラットフォームテクノロジー、カスタマーセンターリレーションマネジメントの経験を豊富にもち、イノベーションとマーケット戦略を用いて成長を支援。

SAP North America在籍中はヘルスケア事業を統括、医療・製薬分野における革新的ソリューションを提供。
またSiebel時代は日本とアジアパシフィック地域の医療系・製薬系の企業を担当。

Oracle Vice President
Siebel Asia Pacific President
SAP Senior Vice President
Hewlett Packard Vice President
Workday Asia General Manager

  • Duke University, MBA Fuqua School of Business
  • University of California at Santa Cruz, BA in Computer Science